東京アートポイント計画

null

今年度、BPAがお世話になっている東京アートポイント計画は、東京文化発信プロジェクトの一環として行われている育成プログラムです。東京都歴史文化財団の事業です。

2010年3月までのプロジェクト概要は以下

クルーズ
■東京低地クルーズ [調査]
海抜ゼロメートル地帯である江東区深川周辺の内部河川や近年激変した臨海部エリアを動力船及び手漕ぎ船(E-BOAT)にてクルーズ、低地ならではの治水施設や普段見ることのない港湾風景を古地図や埋め立ての経緯を参照しながらリサーチする
開催日:2009年11月28日(終了)

■浜離宮・築地川・芝浦・古川クルーズ [一般]
江戸時代からの水辺と明治・大正以降の水辺のコントラストを楽しみながら、水辺・水面利用の適地探索と将来像の提案へのきっかけを作ります
開催時期:2010年3月 実施予定

■水上マーケット「グラっとバザール」の模擬実験クルーズ [一般]
都心にてもしも地震がおこったら… 普段は東京近郊のお百姓さんや漁師さんから船で運ばれてくる新鮮な食材を楽しみつつ、地震時には災害用に転用できる水上マーケットの実現可能性を探ります
開催時期:2010年3月 実施予定

シンポジウム
■水辺をひらく アートでひらく(仮称)[一般]
東京の水辺にある不思議なものを、アートを使って楽しんでしまいましょう!東京の水辺の楽しみ方をアーティストと共に考え、水辺を開いて行きます
実施日:2010年2月7日

CHIKAI 地域開発ニュースNo.304 発行/2009年12月

特集「水辺のポテンシャル」
BPAのクルーズが紹介されました

A.P.+2.3 茂森橋Tシャツ

08f2f945[1]
BPAのクルーズにも良く来てくれるマニアパレルからついに水路ものTシャツ発売されるらしい。
東京低地クルーズ Bコースでもくぐった茂森橋。運河、クルーズ好きはぜひ。
舟好きしかわからないA.P表示がいかしてます。
購入等詳しくはこちらのHP参照 

中央防波堤外側埋立地を視察

P1050613.JPGP1050616.JPG

東京23区のごみの埋め立て処分をおこなっている中央防波堤外側埋め立て処分場にいってきました。
一般的に知られているように、ここのキャパはあと50年しかありません。
まあ、それはそうとして、東京にできた一番新しい島、しかも標高が30m近くもあるという地形の面白さに興味があって予約して申し込んだのです。


大きな地図で見る

場所はお台場を海の方にむかって走っていって、海底トンネルをくぐった先。

P1050601.JPG

東京都環境局中央防波堤合同庁舎からバスに乗せてもらい、案内してもらいました。
メンバーは、BOATPEOPLE Associationのみんなと、東京文化発信プロジェクト室の森さん、渡辺さん。
(more »)

[講演会議事] ロンドンの水辺再生 -フローティング・ヴィレッジへの挑戦

先日の講演会の議事録を起こしていただきました。読み応え有ります。
[ロンドン水辺再生@法政大 議事録20091111] (pdf)

==============
BOAT PEOPLE Associationにとっては”ロンドンの水辺の先生”であり、なおかつ同志でもある、クリス・ウェインライト氏がさる11月11日に法政大学で「ロンドンの水辺再生—フローティング・ヴィレッジへの挑戦」と題した講演会を行いました。これはBPAの”東京の水辺の先生”である法政大学の陣内教授のコーディネーションにより実現し、BPAの井出が通訳として参加しました。雨の中たくさんの方が来場され、専門的な質問が飛び交う中、非常に活気のある会となりました。
今回感じたことは、まずロンドン水辺社会の成熟度でした。水面の自由や自律といった理想を実現するために多大な時間と労力、そしてお金も費やす。と同時に権利獲得のためには法廷闘争も辞さないという、もの静かながら非常にアグレッシブな英国人気質といようなものを感じました。このフローティングビレッジは、いわば”人生を賭けた大人の水遊び”と言ってもいいのかもしれません。
それともうひとつはアーティスト・クリエイターの重要性でした。この桟橋プロジェクトには当初から多くのアーティスト・クリエイターが関わっていました。桟橋を単に”モノ”として捕らえれば、ひとつのインフラ建設プロジェクトだったのですが、その背後には思いや夢、理想がありました。そして、コンセプトやアイディアづくりという面では、アーティスト・クリエイターの創造性というものが非常に大きな意味を持っていたように思います。やはり普通の人が創造もつなかないようなことを考えるのはアーティスト・クリエイターの仕事だと思いました。
いずれにせよ、このロンドンの事例は未来の東京の水辺を考える上でも大変貴重な資料になると思います。
この度陣内教授のご好意により、議事録を当WEBでご紹介できることになりました。多くの方にご覧いただきまして、コメントなどありましたらお知らせいただければ幸いです。(井出)

==============
主催:
法政大学大学院エコ地域デザイン研究所
法政大学デザイン工学部建築学科
記録編集:
法政大学陣内研究室 樋渡彩
==============

LIFE ON BOARD@東京低地クルーズ

IMG_5396IMG_5501
11月28日(土)東京都文化発信プロジェクト室とBPA主催による第2回目のクルーズ企画が開催された。天気は快晴、風もなく11月にしてはとても暖かい絶好のクルーズ日和。今回は、本来のBPAクルーズらしくそれぞれ特徴のある2.5時間のロングコースを3本実施した。午前午後通しで乗ると5時間にも及ぶロングクルーズ企画であったが、通しで乗られる参加者も多く、普段体験することのできない水路への関心が高いことが実証されたと思う。
(more »)