アートサーカス!

いよいよ開幕の横浜トリエンナーレ、9月28日からはじまります。
みなさま、ぜひ足を運んでみてください。
http://yokohamatriennale.jp/2005/

美術手帖も、でています。
美術手帖 10 月号 [雑誌] 特集 「横浜トリエンナーレ2005 東京・横浜アートガイド&マップ」 (仮題)

さて、制作の大きい山は越え、あとは細かいところを詰める段階になってきたところで、だんだん気持ちに余裕もでてきたのだろう、「アートサーカス」というテーマに改めてわくわくしてきた。
(ほんとうは、まだまだ気が抜けないのだけども・・・)

ふと見回してみると、僕らの他に80以上の作家が様々なプロジェクトを展開しつつある。作家という立場からは、それは自明のことなんだけど、自分の中にいる「作家じゃない自分」、つまり、いち生活者/鑑賞者としての視点から我に返ると、この展覧会場は一種異様な光景だ。まあ、そんなこと言ってどうする、って話だけど、会場が山下埠頭という特殊な場所だからだろうか。作家としての自分にこっそり寄生して運ばれてくる「作家じゃない自分」にとっては、この展覧会場は鮮明に日常世界の拡張で、むしろその「作家じゃない自分」がどう揺らめくのかを考えていた方が、この3ヶ月を楽しめるのじゃないか。ダニエル・ビュランの旗があがった会場入り口の様子を遠巻きに眺めながらそんなことを思い、途端にわくわくしてきたわけです。こんな感覚がふと訪れるのも、この横浜トリエンナーレが、一般的な美術展とちょっと違うところかもしれない、と思ったりも。

付け加えるなら、それは美術に日常を持ち込むといったことを言っているのではなくて、逆に「アートサーカス」に浸食される自分の日常的な身体のほうへの興味。その先の希望としては、いっぺん素の身体を通したさまざまな影響を、13号の中へも環流させていけるといいと思っています。



[ comment ]

mail (will not be published)

web