コースD:BO菜船着き場サバイバルクルーズレポート


22日 13時〜15時 夢の島マリーナ発着にて実施。コースマップはこちら
このDコースの趣旨は、船橋から漁船で運ばれてきた野菜を中心とした救援物資を防災キャンプ夢の島で小型船に載せ替え、橋が低く、狭い江東区の運河を経由し深川エリアの被災地まで届けるというストーリーに沿ったシュミレーションクルーズとして実施した。
救援物資の具体的な受け渡し場所は小名木川河口の萬年橋とし、地元の方に橋の上からロープを垂らしていただき、こちらで用意した船橋野菜のパッケージを結びつけピックアップいただいた。
船橋からはるばるやってきた野菜は無事被災地の皆様に届き、有効に食された模様。
お土産として、萬年橋の御近所で創業100年の老舗豆腐店「美濃屋」の若い4代目の女主人にもお迎えいただき、揚げだし豆腐をお土産にいただいた。その場で船上のみなさんといただく。おいしかったです!
お礼に、乗船いただいたKAZZさんにピクニックという曲を船上から演奏いただき、陸上の地元の方々に聞いていただき、夢の島へ帰港。
江東区内部河川の大横川などの迷宮運河をじっくり楽しんでしまったことと、スタッフ人員配置の手違いで時間が押してしまい、慌ただしいセレモニーになってしまったことを関係者の皆様にお詫びする。バタバタしてしまい、写真をじっくり撮る余裕がなかったのが残念。
あわてて、帰港しなんとか15分遅れで到着。次のプログラムに移行できた。
協力いただいた方、参加いただいた方ありがとうございました。

今回深川の野菜受入れ側のコーディネートをお願いしたのは、深川東京モダン館館長の井村さん
受け渡し場所の設定と地元の方々へのお声掛けをお願いした。萬年橋になった理由は、橋のすぐ袂で深川番所という設計事務所兼ギャラリーを運営されている河田さんがいらっしゃるからとのこと、築40年の木造長屋をリノベーションしたスペースで、2階からはカミソリ護岸越しに隅田川を一望できる。1階はオーナーでそら庵というカフェスペース。ライブイベントやアートの展示も行ってるようです。まだ出来て1年目でやっと落ち着いてきた様子。
今回、お土産を用意していただいた老舗豆腐店も河田さんの紹介。めでたく4代続いてるなんてすばらしいですね。美濃屋というお店です。
***************************
美濃屋について
営業時間7〜19時(基本)、休日 日曜、電話 0336314646
住所 東京都江東区新大橋3丁目5-4
国産大豆100%、昔ながらの地釜製法、揚げも直火で丁寧に作ります
メインは豆乳、豆腐(めん・きぬ・おぼろ)、油揚、生揚、がんもどき
季節もの、お惣菜、スイーツは随時数限定で並びます
***************************

◆今回ご協力いただいた方々の紹介は下記HPを参照ください。
今後も水網都市深川でのイベント時にはぜひ連携をとっていきたい施設です。
深川東京モダン館 http://www.fukagawatokyo.com/

深川番所      http://gallery.kawaban.net/2010/03/life-on-board-tokyo-09-10-bo.html

そら庵        http://d.hatena.ne.jp/sora-an/?of=20 http://d.hatena.ne.jp/sora-an/?of=18

当日写真はこちらにUPしてあります。動画は後日UP予定。



[ comment ]

mail (will not be published)

web