一連のバージ船リノベーションプロジェクトを振り返る7

バージ船が陸地に係留されているさま

水辺に船を係留するというのは、想像するより簡単なことではない。係留するためには係留杭、係留用のビットが必要で、さらに円滑に乗り降りするためには浮き桟橋で潮の満ち引きと連動することが望ましい。
バージ船をもつまではそんなことすら僕は知らなかった。船が護岸に接岸するためにロープ(もやい)がどんなに重要な役割を果たしているのか、建築の世界からはわからない。
たとえば隅田川を見渡してみても、コンクリート製の護岸が整備されてはいるが、係留する施設はほとんどない。都市計画家なら、「親水空間」と呼べるのかもしれないが、BPA的には借景的親水空間でしかない。

われわれがLOB号を係留させようとしている都市はそんな現状だ。

阪神淡路大震災において水運が重要な役割を果たしたとシンポジウムで聞いた。しかし、一方で都市の水辺に係留する場所がなければ、その果たすべき役割は果たされないのではないか?そんな疑念が湧いてきた。

LOB号がもし、そういう震災に遭遇してたまたま被災しなかったとして、どのような役割を果たすのか?そんなことに興味が湧いてきたのが2006年夏のことである。

メンバーミーティングにて、今後防災のためのLOBの研究を行うことを提案した。もちろん異論もあった。われわれ自身が被災経験や災害救援の経験がないことが一番気にかかることであった。しかし、気が付いてしまった以上、やらないわけにいかないし、自分たちの生き抜く術、サバイバルに興味が湧いてしまった。

私たちは、都市で漫然と生きている。水は蛇口をひねればやってくるが、自然界において、こんな場所は珍しい。しかし、災害後の都市は砂漠のように水場のない場所だ。都市インフラから隔絶された水辺もまたそんな場所だ。

アンプラグド。

生き抜くすべをしらない都市民であるわれわれBPAメンバーが水上でどうサバイバルするのか。そのために必要なことはなんなのか?船はだいたい自立的なエネルギー源をもっている。航海するために必要なエネルギーと水を積んでいる。インフラと必ずしもつながっている必要はない。

一方、LOB号はトリエンナーレの時、陸上の電力コンセントにつながれていたが、これでは、災害の時役に立たない。

LOB号はトリエンナーレでは農業用ビニールハウスに覆われていたが、夏場は室内温度が40度以上になってしまうので、5分となかにいることはできない。また、都市河川の多くの橋をくぐることもできないので、アクセスできる水面が限られてしまう。

LOB号も改造しなくてはなるまい。そのためのプロジェクトを立ち上げることにした。

七部終

六部
五部
四部
三部
二部
一部



[ comment ]

mail (will not be published)

web