地図日和

昨日は、絶好のクルージング&マッピング日和のなか、「みんなの東京湾マップ:Cruising Workshop」を開催。お蔭さまにも参加者は当日まで着実に増えつづけ、気づけば約40人の大集団。東京海洋大・庄司教授のご好意で同大学のセミナールームとポンツーンをお借りして、運河から街を眺め、地図にプロットしてみる。
060321ws3

上は、記事のロケーションを示す矢印まみれになった地図。越中島を中心に、合計約160件の記事が集まった。
060321ws1

ワークショップ云々より以前に、本当に気持ちいい1日。ただ船に乗り風にあたっているだけで顔がほころぶ。天気がいいのと悪いのとでは参加者のみなさんの楽しさは格段に違うはずだから、つくっているものとしては晴れてくれただけでも肩の荷が軽くなった気分。

まずは隅田川から、大横川に入る。大横川は、両岸から桜の枝がせり出す花見の名所。来週の桜まつりに向けてライトアップの準備が進んでいた。
昼まえに手漕ぎボートに乗り換え、屋形船の富士見さんのご好意で、釣船橋付近に上陸。各グループめいめいで散策と食事。なかには門前仲町まで足を延ばす人も。

午後には大横川をさらに遡り、平久川に戻ってくるルートにチャレンジ。船で通れるかどうかわからないところでもあるので、ちょっとした探検気分。結局、最後のところで、江東区で最も低いといわれる茂森橋(なんと桁下2.6mしかない)がくぐれず、残念ながら引き返すことに。
060321ws2

大学に戻ったあとは、見て来たものを、地図に集める。非常に単純なことなのだが、これがやっぱり面白い。同じことを陸でやるよりも格段にウキウキ感の高まるところが、水辺の魅力なのだろう。

ところで、ここで集めた記事は、WEB上の地図をデザインするための素材でもある。ブラウザのインターフェイスを念頭に置いてみると、少なくとも今日一日を共にした我々にとっては、これらの矢印たちは、非常にクリック欲をそそるものに見えた。この感じを、WEB上にも持ち込めるか、どうか。
そしてワークショップの仕組み自体も、もっとリファインしていけそうだ。完成度はまだまだで、段取りの悪さもたくさんあったが、「ワークショップ+WEB上の地図」というシステムの第一歩として、なんとか着実に積み上げていけそうな手応えを感じ取ることはできた。今後もあまり日をあけず、できるだけコンスタントにやっていきたいところ。



[ comment ]

mail (will not be published)

web