目的地不定、とりあえず出航。

お陰様で、横浜トリエンナーレ開幕!
やっと、スタートできました、というか、これからが本番とさらに心を引き締めて、
というか、これからどこへ行くのかよく分からないまま、とりあえずの出発。

まずは各種の申請や調整に奔走していただいた当局の方々、企画・制作を手伝ってくださった方々、芹沢さん、村田さんはじめ事務局スタッフの方々、これまでご尽力いただいたみなさまに大感謝。
050927interior2

とりあえず一段落した、13号。これからの3ヶ月間、そしてトリエンナーレ終了後のまだ見ぬ展開へのスタートポイントとして、シンプルな気持ちのいい空間になったと思う。

「シンプルな気持ちのいい空間」、確かに、そうだ。だけど、それだけでは多少、むずがゆい。もう少しよくわからない、奇妙な期待感を秘めているようにも感じる。上の写真だけでは伝わりようがないが、この空間が丸ごと揺れている。建築の文法上、どうにも宙ぶらりんのわからなさもあるし、「何かが起こるかもしれないし、起こらないかもしれない」という寄る辺なさもある。また完全にはホワイトキューブに守られてはいない(終わった後はどうするのか?)という現実もある。

まだうまく説明できないのがもどかしいが、既に厳然と物質的に存在するにもかかわらず、何らかの意味に定まりきってはいない、という不安定さ加減が心地よい。潜勢力と現勢力、偶然性と必然性といったことに関係してくるのだろうか。

・・・存在と非存在、可感的なものと可知的なもの、語と事物、これら二つのあいだの境界線上に姿を現すのは、色を欠いた無の深淵ではなく、可能的なものという輝く間隙なのだ。可能的であるとは、措定も否定もしないということを意味する。しかし、「存在するのが存在しないより以上のではないもの(存在するともしないとも言えないもの)」は、潜勢力といったものをどのように自らのうちに保ち続けるのか?・・・(「バートルビー 偶然性について」ジョルジョ・アガンベン)

こうした問いかけに届いているとはいえないが、自分なりのやり方で「明日素敵なことが起こるだろう、さもなくば、起こらないだろう」ということをまるごと受け入れられるような何かを、ころがしはじめられたようには思っている。

のようなことを考えていたら、芹沢さんが、展覧会カタログに次のように書いていた。

・・・だから私もここ(山下ふ頭)にいると、入国手続きをせず、空港の乗り継ぎラウンジで時間をつぶしているような、奇妙な感覚に襲われる。この感覚は私にとって、けっして不快ではない。今までの場所から離れ、ここではないどこかへ移ろうとしているという予感。あらゆる帰属意識が希薄となり、軽い胸騒ぎを覚える。私はただ乗り継ぎ便を待ちつづけるが、この旅の最終目的地がどこなのか、自分でも知らない。・・・(「山下ふ頭乗り継ぎラウンジ」芹沢高志)

いいなぁ。
050928lob1
050928lob2
050928lob3
050928lob4



[ comment ]

mail (will not be published)

web