都市への対話と関わり〜創造教育に向けて

10月に開催された「都市との対話」展(神戸)で、井出と岩本が芹沢高志さんとのトークに参加させていただきましたが、偶然にも再び、今度は東京で同じようなタイトルのプロジェクトへ参加することになりました。

今回は、「都市への対話と関わり〜創造教育に向けて 」というテーマで行われる、トーキョーワンダーサイトのワークショップ。ロンドンで水上生活を営み、テムズ川に浮かぶアートスペースのプロジェクトを進めているクリス・ウェインライト氏らとともに、講師として参加します。

ワークショップには、日英の若手デザイナー、アーティスト、学生が参加。2007年11月18日(日)〜25日(日)にかけて、東京とロンドンの河 川や運河のリサーチに基づき、都市の水辺環境をめぐるアートや空間のプロジェクトを提案します。大規模開発が中心となって行われている水辺に対して、アー ティストや個人の感性がどのように都市と対話を持ち影響を与えることができるか、ということがテーマです。

クリスとの出会いは、昨年、門天で芹沢高志さんを交えて行ったトークイベント。これが縁になって、今年もふたたび一緒に仕事をすることになったのだ が、この一年間行ってきたプロジェクトをお互い報告しあって感じるのは、昨年と同様に、クリスの仕事とBPAの活動とのシンクロニシティ。そしてまた、日 英の両国が互いのモノサシになることで、都市の水辺が少しづつでも開放されつつある実感が得られるのが嬉しい。僕らがクリスの仕事に力づけられるように、 クリスにとっても、東京都の運営するTWSでこうしたワークショップの機会が与えられることは、ロンドンへのポジティヴなフィードバックを戻す大きな力に なるのではないか、といったことを感じています。
ワークショップの報告などが行われる公開プログラムは、下記の日程で開催予定。

「都市への対話と関わり〜創造教育に向けて
東京—ロンドン 文化交流プログラム Dialoge and commitment to the city-towards Creative Education」

http://www.tokyo-ws.org/aoyama/index.html

11月25日(日) 13:00-15:00(開場12:45)
チューター(講師)及び参加者によるワークショップの成果発表
15:30-17:00(開場15:15)
“創造教育に向けて”をテーマにしたシンポジウム

協力:
グレイター・ロンドン・オーソリティ (GLA)
ロンドン芸術大学
東京都 建設局(予定)、港湾局(予定)

チューター(講師):
クリス・ウェンライト(ロンドン芸術大学 キャンバーウェル、チェルシー、ウィンブルドンカレッジ学長)
アンヌ・リディアット(アーティスト)
ピート・ブルックス(ロンドン芸術大学 セントラル・セントマーチンズ・カレッジ オブ アート アンド デザイン パフォーマンスデザイン アンド プラクティス大学院 コースディレクター)
陣内秀信(法政大学教授)
ボートピープル・アソシエイション
今村有策(トーキョーワンダーサイト 館長、東京都参与)
家村佳代子(トーキョーワンダーサイト プログラム・ディレクター)



[ comment ]

mail (will not be published)

web