LIFE ON BOARD @羽田D滑走路+京浜運河クルーズ


11月21日(日)午後、曇りだが無風で気温高めのまあまあのクルーズ日和。今回はあの品川浦から出航し東京モノレールに沿って京浜運河を下りました。目玉は10/21国際空港として使用開始された羽田D滑走路の見学。そこから海廻りで帰還する約3時間のロングコース。空港は広かった!いつもより足が速い船が不可欠、かつ高さが押さえられオープンエアーで、客席スペースがまとまっている30人以上乗れる船はそうそう無い。今回初めてのチャーターした平井さんの船はなかなか使い勝手がよかったぞ。今回は船の定員が少なかったことや1便のみであったため募集人員が少なく文字通りあっという間に定員に達してしまい、乗れなかった方も多く申し訳なかったです。またやりますのでご期待ください。
さて今回のコースはメジャーな東京の運河を一通り体験してしまったクルーズ上級者向け。東京インフラゾーンを縦貫する運河のアウトバーン京浜運河と周辺水辺をリサーチし、航空機の離発着シーンと世界でもまれな桟橋型滑走路のステンレス製列柱空間を目近で見てみようというオリジナリティー溢れるコース構成。3時間と長すぎましたがいかがだったでしょうか?ちょっとマニアック過ぎたかな。筆者はこのコースでの企画は初めてだったのでドキドキでした。思った通りポテンシャルが高く今後新たな水辺コンテンツを発掘出来そうな予感、羽田国際化に伴う開発も予想されており要注目の水辺です。
さらに裏テーマ!海外に行くと、空港から車で市街地に入り込む風景がその都市の第一印象になりませんか?筆者はこの瞬間が大好きです。もし羽田から東京や横浜に船でアクセスすると都市のイメージはどう変わってゆくのか?どんなコースで東京に入るとドラマチックな風景と出会えるのか?とても興味深いテーマと思います。こんな問題意識をもって乗船してみると、とても想像力を刺激されるクルーズコースになっていくと思います。

◆参加者による記録
 RITA.Alessさんのスチール記録 
 BPAによるクルーズ記録
 今回も申し込み一番乗り@mechapanda さんの撮影動画
 


 
◆参考:国土交通省 東京空港整備事務所HP



[ comment ]

mail (will not be published)

web