一連のバージ船リノベーションプロジェクトを振り返る3

横浜トリエンナーレ2005終了まで1.5ヶ月を切ったなか、われわれはまだ結論を出せずにいた。

われわれは、この船の処遇について悩んでいた。

進むべき道は二つ

・LOBを保有し続け、どこかで係留できる場所を探す。
・きっぱりとあきらめ、LOBを廃棄処分とし、別の活動形態を模索する。

さまざまなコネをつかって、LOBをどこかに係留する可能性を探っていた。実は国土交通省の部長さんとお話ししたとき、そのとき「港はオープンにするということが政策的に決まっている」と聞いていた。横浜のアートの団体や、東京の行政区の議員など相談できる相手もたくさんいた。観光を課から部に格上げした東京都産業労働局では、たてわりが続いていた河川局と港湾局を統合して新しい水辺の秩序をつくると勢いづいていた。
そのときは、この船を係留して永続的に半公共的なスペースとしてやっていくことの可能性は高いように感じていたのだ。

ライブペインティングの様子

当時、オルタナティブスペースという考え方に傾倒していた。

オルタナティブスペースとは、1970年代にアメリカの小ホールがはじまりの、狭義の美術を目的としないスペースのことらしいが、2000年代に商業主義でも、私的でもない文化的ななにかを目指したスペースをそのように呼び、その可能性を多くの人々が探っていた。我らが坂倉杏介もBPAとは別の活動において、現在「芝の家」を運営し、またかつては「三田の家」をたちあげ、当時はその可能性を探る立場でもあった。筆者イワモトもCET(セントラルイースト東京)のディレクターの一人であり、街の中にアートが散らばって行くなかで、自分の家が起点となって新住民と古参住民が交流するさまを体験していた。

われわれの活動は、普通の企業のように水辺の上でなにか営利目的の事業をやることが目的ではない。それでは、ただ単に新規参入をめざし、既存の仕組みと対立するエンタープライズとなってしまう。一方で、私有を高らかに宣言して、公共性の高い水上空間を占拠することには反対している立場でもあった。よって、われわれがもし、船を係留できた場合、それは「オルタナティブスペース」となり、たくさんの人々が運営に携わり、ともに利用する空間になるのではないかと考えたのであった。

水上は公共空間である。

あたりまえのことである。なかには私有を前提とした水上空間もなくはない。しかしながら、日本において、水上には占有権はなく、使用権もほとんど法が定められる前からの既得権者のために細々と暗黙のうちにみとめられてきたにすぎない。つまり、公共の用に供するための空間ではあるが、公共でないものがそこに業をなすために居続ける権利は実は定まっていない。

とどのつまり、港長とよばれる強大な権力者=行政機構(≒公共)の裁量にゆだねられ(港湾エリアに限るが)つまり、既得権者と行政機構以外が自由に利用する余地はあまりない。実際、業として造船をやられているような会社も、港長権限をふかざす港湾行政には困っているそうだ。そのような話を舟運業者から聞いたのは一度ではない。

しかし、当時はそこまでの厳しい認識はなかった。私たちは新しい「公共性」を定義しなければならなかったが、定義できるという不思議な自信もあった。その自信には人々がオルタナティブスペースを求めているという認識があった。それゆえ、自分たちが船を持ったとしても、公共性を帯びた水面に係船できる可能性は高いと感じていた。

その「公共性」を定義するために、必要だったのが船上シンポジウムである。

三部終

次へ

一連のバージ船リノベーションプロジェクトを振り返る2

photo by satoshi asakawa

横浜トリエンナーレ2005は夢のような時間だった。

毎週の定例が水の上で行われたのだから。

確かに最初は浮かれすぎていたのかもしれない。外からながめて、中に入って、来場者の顔をながめ、なんだか落ち着かなかった。しかし時間が経つにつれ、メンバーは夜な夜な仕事場からの帰り道により、船の上でこの船が何を意味するのか話し合ったものだ。

実質的にわれわれをトリエンナーレにむかえてくださったP3芹沢高志さんとのコミュニケーションもとても有意義だった。芹沢さんはわれわれのようなミニミニデベロッパーのような小さな集団がこれからの都市を変えて行くんだと話してくださった。とても勇気をいただいた。ジョージ・ダイソンのバイダルカの話や、スアダ・カピッチのサラエボのサバイバルの話を船の上で聞けた事ことはぼくにとってとても有意義な事だった。できあがった制度に頼らず、でもたくましく使いこなし生きて行く都市サバイバーや都市ミニデベロッパーの将来像を、都市といったん隔絶した水の上で話をしたのだから。まるで自分たちもそんなヒーローたちになれたかのような錯覚におちいった。そう、自分たちが水辺、東京、横浜の水辺のありようを変えなければならない、そう思った。



船のなかでは活発に議論がかわされていたように思う。陸側からは「あれはなんなんだ?」と思われていたようだ。陸地の上のトリエンナーレとは別の時間が流れていたのかもしれない。想像を超える事ができない境界線もあったのかもしれない。しかし、そのコミュニケーションの中でわれわれはその後の活動にかけがえのない関係をさまざまなひとたちと結ぶことができた。

この船は、係船後も微細な更新が行われて行った。

なにより、坂倉がビデオを編集してきてくれて、船内にモニターがセットされると、それまでのふわふわとして認知が人任せな空間が突然ドキュメンタリーの一部になり、メッセージ性が強いものとなった。

フェンダーとしてくくりつけられていたタイヤはほんとうによく脱落したものだ。

忘れた頃にやってくる台風にも脅かされつづけた。気象情報はいままでにないぐらい確認を繰り返した。何度となく、ビニールハウスのビニールをやぶって、台風に備える事を考えた。幸い、そのような事態になることはなかったが。

陸にありつづける建築の永続性(に感じる人間の認識不可能性)と船の自然環境の中でのはかなさとの対比は想像以上で、数週間前に竣工した船はどんどん老朽化していった。横浜の港内の波も想像以上で、多くの来場者が船酔いで退場を余儀なくされていた事もまた事実である。

会期はもうすぐ終わってしまう。
この船はどうするべきなのか、われわれはどういう活動をこれから行って行くのか?そんな議論が活発に行われた。まずそのために必要なのは、この船を係留させる場所であった。しかし、これが難問だった。

二部終

次へ

一連のバージ船リノベーションプロジェクトを振り返る1

昨年(2010年)の3月末、2005年の8月から4年半の試験期間をもって、LOB号はスクラップにされました。(togetter リンク)

袖ヶ浦に到着して油圧ショベルのようなものに押さえつけられているLOB

LOB号は2005年8月、江東区潮見の業者から15万円程度で購入したゴミ運搬用のバージ船を、横浜トリエンナーレ2005に出典するためにリノベーションされ、ラウンジ船になりました。

なぜ、われわれがこの船を出展する事になったのか?それはいくつかの要因が重なっています。

芝浦の初代LOB号が特別な空間を形成した経験を再現したい。(水上コミュニケーション)

・われわれは水辺空間が生活にうるおいをもたらすと信じているが、日本においてはまったくといっていいほど利用法が拡大していないことを問題視。(都市の水面利用)

・アートという枠のなかで、水上ラウンジを「係留」し、社会にその有為性問う機会をいただいた。(表現)

・この機会を契機として、社会の水辺に対する関心を喚起したい(啓蒙)

だれかが使わなければならない、だれも使わないのであれば、われわれが使って水辺の魅力、横浜、東京の水辺の魅力を世界に発信していきたいという強い思いがあった。

この機会を契機として、私たちもたくさんの議論を行った。

まず、自分たちがアーティストとして扱われる事には抵抗があった。
私たちは、私たちがすむ街のなかにある水のある空間をわれわれの手で使うことによって街が活性化すると信じていただけなのだ。ただ、アートの場を借りて、都市や社会制度に問題を論じ、真っ正直に正面から必要と思われる事を世の中に提示できることに喜びを感じていた。


そのほか行われた議論には、例えば、どのような空間にするかについて、「鉄のさびた感じが産業遺産として重要な空間要素になる」という意見が多かったのに対して「もっとわかりやすい白いデザインされた空間にしたい」という意見もあった。これについては、持っている素材の意味としての重みを重視する方向性についてわれわれ内部で一定のコンセンサスが得られた。結果的に、生身の人間がむきだしの水辺空間を認知するという知覚効果をもたらしたことは、よかったと思っている。

船の上でどのようなアクティビティを起こすかという議論は白熱した。
芝生を植えて公園にするという案もあったが、スミッソンの船上公園は実例があったのでボツになり、初代LOBのようのカフェをやりたいという意見は根強かったが、それでは巨大なアートイベントのただのお茶飲み場という認識になりかねないと見送ることになった。やはり、水上を純粋に認識するためのスペース、しかもそれが都心にほど近い場所にあって、岸壁からひとまたぎで到達する事のできる異空間という点は伝えるべきポイントとして重要だと認識するに至った。

屋根に関してはかなり早い段階から農業用のビニールハウスは提示されていたが、深さが2mある船室に立つと水面が見えないという問題を解決するために、ウッドデッキスペースをどの程度大きくもうけるかなど細かい議論が行われた。


水槽は、波を船の中で再現し、知覚する上でとても面白い効果をもたらした。この水槽の出自は面白く、実は「箱庭セラピー」がアイデアの源泉である。船のなかで「箱庭セラピー」をやりたいと言っていた坂倉は、水辺で自らと向き合うという内省的な空間に仕上げたかったようであるが、ゆれうごく船を知覚的に再現した水槽も、水上における相対的な自分と向き合うというおもしろさがあったように思う。

実際に実施するにあたって多くの問題が発生してたくさんの手間がかかったが、総じて役所の協力は強力でなんとか実施することができた。

係留するにあたって、横浜市役所の文化担当、都市計画担当の方々には足しげく港湾担当に通っていただいて、横浜市を挙げて行うことをなんども説明していただいて特別に係留を許可していただくことになりました。また、船を改装する場所も用意していただきました。はしけ業界団体の協力も役所を通じてとりつけていただき、台風の場合、別の場所に退避する体制もとることができた。

一部終

次へ

LIFE ON BOARD @羽田D滑走路+京浜運河クルーズ


11月21日(日)午後、曇りだが無風で気温高めのまあまあのクルーズ日和。今回はあの品川浦から出航し東京モノレールに沿って京浜運河を下りました。目玉は10/21国際空港として使用開始された羽田D滑走路の見学。そこから海廻りで帰還する約3時間のロングコース。空港は広かった!いつもより足が速い船が不可欠、かつ高さが押さえられオープンエアーで、客席スペースがまとまっている30人以上乗れる船はそうそう無い。今回初めてのチャーターした平井さんの船はなかなか使い勝手がよかったぞ。今回は船の定員が少なかったことや1便のみであったため募集人員が少なく文字通りあっという間に定員に達してしまい、乗れなかった方も多く申し訳なかったです。またやりますのでご期待ください。
さて今回のコースはメジャーな東京の運河を一通り体験してしまったクルーズ上級者向け。東京インフラゾーンを縦貫する運河のアウトバーン京浜運河と周辺水辺をリサーチし、航空機の離発着シーンと世界でもまれな桟橋型滑走路のステンレス製列柱空間を目近で見てみようというオリジナリティー溢れるコース構成。3時間と長すぎましたがいかがだったでしょうか?ちょっとマニアック過ぎたかな。筆者はこのコースでの企画は初めてだったのでドキドキでした。思った通りポテンシャルが高く今後新たな水辺コンテンツを発掘出来そうな予感、羽田国際化に伴う開発も予想されており要注目の水辺です。
さらに裏テーマ!海外に行くと、空港から車で市街地に入り込む風景がその都市の第一印象になりませんか?筆者はこの瞬間が大好きです。もし羽田から東京や横浜に船でアクセスすると都市のイメージはどう変わってゆくのか?どんなコースで東京に入るとドラマチックな風景と出会えるのか?とても興味深いテーマと思います。こんな問題意識をもって乗船してみると、とても想像力を刺激されるクルーズコースになっていくと思います。

◆参加者による記録
 RITA.Alessさんのスチール記録 
 BPAによるクルーズ記録
 今回も申し込み一番乗り@mechapanda さんの撮影動画
 


 
◆参考:国土交通省 東京空港整備事務所HP

BPA応援企画 新宿区O地区青少年育成委員会主催 日本橋川E-BOATツアー


2010年10月24日(日)に常盤橋防災船着場にて開催した。
この企画は、BPAのリサーチクルーズに何回かプライベートで参加いただいていたO地区青少年育成委員会の方から、何か船を使った地域交流イベントをやりたいとの相談があったのが切っ掛けであった。この手のイベントは大概地元の桟橋などを使って地元の団体が開催するケースがほとんどなのだが、新宿区は内陸部で運河や可航水路が無いエリアであり、船や水辺を使った企画とは無縁である。地元でない団体が防災船着場を使用してこの手のイベントを開催するのは極めてまれである。開催にいたるプロセスにはいろいろあったのだが無事開催出来てなによりだ。短いコースで天気も曇天だったが、約70人の親子が参加して楽しんでくれた。BPAではこんな水上イベントのお手伝いもやりますよ。気軽にご相談ください。
今回のイベント詳細はこちらのblogをご覧ください

LIFE ON BOARD @CET10 KANADA ISLAND NIGHTCRUISE


2010年11月6日、東京静脈クルーズで散々廻ったコースを夜クルーズするチャンスに恵まれた。CETとのつながりが深いBPA岩本と山口のコネで今年で最後となるこのエリアの地元イベントCET10に絡めて、常盤橋防災船着場を使用し開催した。今回は2便用意したのだが、CET関連企画ということもあり、予約が殺到。ほぼ半日で80名分が完売。イベント告知メールの希望者も随分増えてくれた。ありがたいことです。今後もマンネリズムに陥ることの無いよう参加者の知恵を借りながら盛り上げていけたらと思います。

さて、息つく暇のないくらい多様なコンテンツの詰まったこのコース、夜はどんな感じに見えるのか?2度3度と乗った人でも興味深々だったのではないでしょうか。また、今回ナイトクルーズということで、昨年CREAM横浜国際映像祭でも実施したG.R.Lのグラフィティーフリーソフト レーザータグを搭載。暗闇の都市の谷間からゲリラで東京の真ん中にグラフィティーを仕掛る目論み。しかしあまりにも準備不足だし、このシステムを自分たちだけで運用するのも初めてだし、ちょっと難しいかなと思っていた、案の定BPAのプログラムマスター山口をもってしても調整が思いのほか難しいとのこと。可動したのだがタイムラグが大きくいまいちの出来栄え。再度チャレンジだな。それでもプロジェクターからCET10ロゴを都市の裏側の壁面に投影しながらのクルーズは新たな可能性を示唆してくれた。そんなこんなで思惑通りいかない部分もあったが、夜の静脈は昼とは全く違った顔と空気を纏っており、期待を裏切らなかったですね。
当初、日本橋川は肉眼だと暗くて奥行き感がなくなりディテールも見えず何だかなと思っていたが、カメラで記録された映像を見るととんでもなくクールトーキョー。肉眼よりよく見える。対して神田川は聖橋、秋葉原、柳橋と照明によって全く違った表情となっていた。個人的には柳橋の毒々しさが異国情緒いっぱいで楽しかったな、人もたくさんいて活気があり昼とは全く印象が変わる。あと日本橋が補修中でオーニングがかかり残念だったが橋を照らす高架裏のLED照明の青白い光がとても不思議な感じ。とにかく予想外のいろんな発見がありました。あと暗い船上の空気が昼とは全く違う何だろうこの感覚。

今回も、参加者の皆様の協力でいろんな映像、blogが集まりつつありますので一部下記に紹介しておきます。なお、まだ非公開だがあの方の撮られた動画も!インダストリアルな重低音サウンドと共に編集でき次第公開予定。お楽しみに。

◆参加者による豪華な記録
 おなじみ大山総裁のデイリーポータルZ 

ecocolo.com の記者さんも書いてくれました

 写真家の杉浦さんとリタ・アレスさんの撮影スチール

今回も申し込み一番乗り@mechapanda さんの撮影動画

東京静脈Rクルーズ100926


BPA協力企画第2段、神田アイランド一周逆廻りクルーズを開催。この日も晴天に恵まれ快適なクルーズを堪能した。以前も書いたが都市河川というのは航行する向きを変えると見え方が変わる。要因は視点が移動しているからか?橋がフレーミング効果を発揮し橋をくぐるごとに風景が展開してゆくのも要因。または河川のスリット感が影響しているのか?前回も参加いただいたみなさんはどんな違いを発見できたでしょうか。ちなみに筆者は、日本橋川は静脈ルート、神田川、亀島川は静脈Rルートが好きですね。理由を書くと延々と長くなるので割愛。
前回、撮影で忙しかった大山総裁も今回は江戸橋、両国ジャンクション、竪川橋脚列柱空間について熱く解説。いつの間にかすっかり船の人になってしまったな。
今回、一便だけの予定であったが、あまりの予約の殺到ぶりに乗れない方が続出してしまい急遽増発便を出した次第。新規のお客さんも多かったみたいです。スカイツリー効果もあるのでしょうが、今年に入ってから都市河川クルーズブームですね。東京静脈を撮影した2003年当時、まさかこんな状況になろうとは夢にも思わなかったと主催の野田監督。2004年から都市の水面利用を提唱しているBPAとしても感無量です。また今回は2便あったので、お客さんが橋の上から撮影してくれたのが嬉しかったな。写真は後日アップします。参加の皆様ありがとうございました。
しかし本当にやらなきゃならないのは、メジャーになりつつある都市水面への関心をどう発展させていくのか、どんな未来へのビジョンを提示または共有できるのかということです。水面という都市の共有財産であり利用率の低い公共空間。どうカスタマイズし、どう使っていくと僕らは満足できるのだろうか?随時皆様のご意見やアイデア募集していますよ。

またまた常連@mechapanda氏撮影動画です。

YOKOHAMA Canal Cruise 2010

9月11日12日に開催された関内外OPEN!2の一環として開催した。今年は、CYCLE×CANALで入れなかった帷子川とその周辺運河のクルーズ。子安浜に船で上陸し街散策を行う企画を新たに設定した。その他は、去年も実施して好評であった磯子工場と本牧造船ドックやコンテナヤードの夕景ツアーを実施し、3つのコースに約65名の方に参加いただいた。予約状況は30代を中心に男女比半々。BPAの横浜キャナルクルーズも3年目となり顧客への告知のほか、HPやtwitterの告知のみで完売できるほどに浸透してきた。始めた当時、集客に苦労したことが嘘のようだ。これもいままで参加いただいた皆さんがblogに感想や映像をUPしてくれているからだと思う。リピーターがついてくれることはとても心強い。口コミ力の凄さを実感する。毎年新しいネタを企画するのは大変だが期待を裏切らないよう精進していきたいと思います。
尚、今回のクルーズの様子はTV神奈川9/13(月)18時のNEWS番組で紹介していただきました。参加の皆様、ご協力ありがとうございました。

◆ 帷子川・横浜駅西口運河クルーズ 9/11 
本コースは橋の低さや川底の浅さが要因で動力船の航行が困難なエリアである。しかし、そこには知られざる魅惑の都市河川空間が眠っているかも?と思うと居ても立ってもいられない。選択欄はE-BOATを使って航行するしかないのだが何処からエントリーすればいいのか?結果的にまたしても動力船にて曳航し、狭小水路前で乗り換えるという手間がかかる手法。だが、その甲斐は大いにあった。何重にも連なる鉄道高架の奥には予想を上回る豊かな都市河川空間が広がっていた。鉄道高架橋からの木漏れ日、意外と澄んだ水面下の濃い魚影、古い石垣と柳並木。来て見ないと気づかないワンダーサイト。

◆ 本牧コンテナヤード・造船ドック・磯子コンビナート・堀割川・中村川クルーズ9/11
日没に出航し夕暮れのコンテナヤードと巨大コンテナ船、ガントレークレーン、三菱重工造船ドックを鑑賞し、磯子新日本石油の圧倒的な工場夜景の光の海に漂う ザ・港湾クルーズ。後半は掘割川を遡り、暗闇の中村川高架下河川を下る。河口の山下JCTは圧巻。
夜のクルーズは写真が撮りづらいが、昼間では味わえないディープな水上体験となります記憶の底に残る船旅になったのでは? この日、異常潮位で橋の航行が難航。水上では何が起こるかわからない。興奮の2時間でした。

◆ 東神奈川・子安浜・鶴見工業地帯クルーズ9/12
今回は街歩きとクルーズをセットにしたツアーに挑戦。相変わらず船は自由に乗り降りできる状況ではないのだが、子安浜の地元の船会社さんにお願いして実現。乗船場所も大岡川河口のウッドデッキのある屋形船組合の弁天橋桟橋から乗船でき、やっとこの立派なウッドデッキを活用したという充実感とともに出航。東神奈川の京浜運河初期に開発された埋立地エリアのクラシックな倉庫や工場、旧浅野造船ドック跡を見学後、鶴見のユニバーサル造船フローティングドック、海芝浦駅を見学。その後、埋立て前の海岸線であった漁師町子安浜に向かい上陸!小一時間散策後船で弁天橋へ。ちょっと長くて疲れたが知られざる京浜運河の時層が堪能できたかと思う。

◆参加者の皆様のレポート
常連 @zaikabouさんのblog
@errie blog
下記は、BPAクルーズ常連の@mechapandaさん撮影の帷子川下見映像です

同じく磯子・本牧・堀割川・中村川コース

東京静脈クルーズ100710


梅雨真っ盛りの7月前半。前々日まで降水確率70%だったが奇跡的に晴れた。
何故か僕らのイベントは天気に強い。今回は去年のLife On Board Tokyo@CET 090718
で実現できなかった神田アイランド一周(亀島川・神田川・日本橋川・隅田川一周)クルーズを実施した。今回の主催は日本橋川・神田川の動画「東京静脈」を撮影した野田真外。(イベント趣旨はこちらをご覧ください
BPAは1部のクルーズ協力と2部の都市河川映像イベントのトーク協力という立場だ。
どのような形であれ、このコースでのクルーズに関われてよかったと思う。東京が世界に誇れるすばらしい都市河川空間です。何度通っても興奮を抑えられない空間体験です。心底楽しかったー!
今回もイベント告知をHPアップしたわずか2日後に満席になってしまい、顧客にご案内のメールを送る隙もなかった。いかに人気のあるコースであるか思い知らされた。参加者は30代を中心に40名、男女比ほぼ半々。みんな一眼レフにビデオにとかなり重装備なのが特徴。BPAや大山総裁のツアーではお馴染みの光景だが、初めてのお客さんはちょっとびっくりしたみたい。参加の皆様のblogと映像を見つけた範囲で下記に紹介しておきます。他にあればぜひ紹介いただければと思います。
次回は逆向きのコースで開催してみたい。全く違った印象を受けると思う。

◆blog
zaikabou blog 船と川の映像で楽しんだ土曜日
東京エスカーレーター 川から日本を見てみたら
◆twitter (twitter管制塔 @errie がまとめてくれました)
http://togetter.com/li/34843

クルーズフォトアルバム

◆クルーズ動画
@sohsai 360°動画

以下常連の@mechapandaさんのアウトプット。完全映像素人さんですよ。毎回進化していきます。

以上皆さんのすごいアウトプット。すばらしい。
第2部はだらだらトークでしたが、あれで良かったのでしょうか?
地図やPPTを絡めてトークできると良かったんだけどな。
思いのほか多数の方においでいただき驚きました。
地方の川映像も良かったですね。いろいろ探索したいです。
主催の野田真外も達成感あったようです。
今回、時間割や場所がちぐはぐで、ご迷惑かけたかと思いますが、参加いただいた皆様には大変感謝しております。BPAコラボ企画も募集していますので、お気軽にメールください。今後もよろしくお願いします。

LIFE ON BOARD Tokyo 「江戸の水迷宮クルーズ」動画記録

LIFE ON BOARD Tokyo 100313
「江戸の水迷宮クルーズ」記録動画やっとUPしました(笑)。
2003年4月の森美術館オープニングイベント「世界都市展」にて上映された、日本橋川、神田川の映像「東京静脈」
都市河川好きの野田真外さんに撮影いただきました。「東京静脈」的な浮遊感も盛り込まれています。さすが!

尚、7/10(土)に「東京静脈R」DVD発売を記念して「川から日本を見てみよう」というイベントを開催します
「東京静脈」、逆回りバージョン「東京静脈R」の他、CREAM横浜国際映像祭にも出展していた「静脈列島」の
上映会を開催します。詳しくはこちらを参照ください