Pol Malo 傷ついた世界で見つける僕らの大切なこころ

20070303194427
23日から、船で暮らしている。さまざまな方々にこの船に訪れていただき社会におけるこの船の存在感を考えた。そんな中、エネルギーや食料だけでない、災害時の「こころの救済」をコンセプトに船上展覧会を行います。

Pol Malo

Our Sweet Soul Reinventing The World After A Big Shock

BOAT PEOPLE Association(BPA)は、災害支援システム「フローティング・エマージェンシー・プラットフォーム(FEP)」のプレゼンテーションの一環として、ドイツ人アーティスト、ポル・マロ(Pol Malo)をゲストにむかえ、「Our Sweet Soul Reinventing The World After A Big Shock」展を開催いたします。
ポル・マロは、アメリカやドイツで哲学、メディアアートを学び、日本の実験音楽に関心を持って98年に来日したドイツ人アーティストです。来日当時、彼は音楽レーベル「茶柱」を設立し、自らもフィールド・レコーディングやライブでの活動を展開しました。近年は、表現の場を音楽からアートに移し、彼特有の観察眼と深い思索のもとで、日用雑貨やオブジェなどから構成されるインスタレーションでの発表をつづけています。この展覧会をするにあたって、ポル・マロは、災害時に人々を支援・救済するものは何かを考え、物資や医療も大切だけれど、本当に救いになるのは「心の救済」なのではないかと考えました。そして、その「心の救済」に必要不可欠なのは、文化であり、アートである。そう考えたのです。そこで今回ポル・マロは、この「文化によるファースト・エイド(第一の支援・救済)」というコンセプトをもとに、最近、描いているペインティング・シリーズ「Emergency Museum」を発展させ、人々に文化的癒しを提供すべくインスタレーションを展開する予定です。
半屋外となる「フローティング・エマージェンシー・プラットフォーム(FEP)」での展示は難航を極めます。しかし、ポル・マロの独創的かつユーモアに富んだアイデアによって、訪れた人々にバージ船による災害支援システムとともに、文化やアートによる緊急災害時の支援や救済についても考えていただけたらと思います。

展覧会概要
【タイトル】 Our Sweet Soul Reinventing The World After A Big Shock
【 会 期 】 2007 年3 月3 日(土)〜21 日(水・祝) 11:00〜19:00 *会期中の金、土、日曜、及び祝日オープン *平日は、アポイント制
【 会 場 】 京浜運河大井競馬場桟橋に停泊中のバージ船「L.O.B.13 号」 *東京モノレール・大井競馬場前駅 徒歩1 分
[会場お問い合わせ、および見学アポイントアドレス] bpapol@yahoo.co.jp
【 主 催 】 BOAT PEOPLE Association
【 協 賛 】 キリンビール株式会社、キリンMC ダノンウォーターズ株式会社
【 協 力 】 360°GRAPHICS
【 U R L 】 http://boatpeople.inter-c.org/fep.html http://boatpeopleassociation.org/page/fep.html
【 企 画 】 兼平彦太郎



[ comment ]

mail (will not be published)

web