YCC 1st

img023いよいよ今日から3年に1度の横浜トリエンナーレ2008が開催されます。横トリをメインに、数々の周辺企画が並行して開催され、11月30日まで横浜はアート一色に染まる。我々BPAも今回は自主企画でキャナルクルーズによる横浜新景観発見ツアーを開催。 今日はその初日。助成いただいているアーツコミッション・ヨコハマのスタッフや加藤種男さん等横浜市アート業界の皆様、港湾局インナーハーバー構想スタッフ、3月の実験クルーズにも参加いただいた大山総裁をはじめとする都市景観探索家の皆様をご招待しての20人のクルーズ。コースは②。今週から開催されている黄金町バザールの前も通ります。天気はうす曇りだが風もなく良好なコンディション。ツイてます! ぷかり桟橋を出航し、大岡川を遡る。このあたり、何度走ってもわくわくします。しばらく行くと右手に都橋商店街のあの建築を見る。土木である護岸と一体化した建築。やはり人気者でした。今の建築基準法では建てられない貴重なものです。 日ノ出町を過ぎ、黄金町に近づくにつれ橋が低くなる。おっと今日は大潮、しかも17時に満潮だ。船は橋をスレスレで通過してゆく。 なんだこの興奮は、カーツ大佐に会いに行く地獄の黙示録的感覚だ(笑)夏休みに筆者はついにコンラッド原作「ハートオブダークネス」を読んでしまった。あの映画はかなり原作に忠実に作られていることがよくわかった。読みにくいが、船好きははまりますよ。 話が脱線したが、そんなわけで黄金町バザールはプレイボーイガールのハウ・ファット陸軍基地の場面かな(笑)。本間純さんの作品の下をくぐる貴重な体験をした。船だとこの程度のことで、大の大人が子供みたいに高揚するんですよ。 みんななぜか手を振ってくれるし。舟って不思議です。
今日は川辺に出て釣りやら係留船でくつろいでいる人が多い。 やっぱり、船や人が多いと賑やかで楽しいですね。 次は、中村川との分岐点に到着。暴力的な高架下水路へ。しばらく音の反響する人影のない静かな河川空間を体感する。しばらく行くと、掘割川へ右折しパーと開けた運河へ。この展開が素晴らしいと思うのは僕だけか?皆さんの意見を聞きたいところ。 そのまま真っ直ぐ磯子のテクノスケープへ。三渓園の裏がこの素晴らしい工場風景というのが何とも日本的だ。失礼、裏ではなく表玄関と言ってほしい。船で工場に上陸し、工場参道を歩いて三渓園にアプローチするのが本来の姿ではないのか?その方が海外アーティストに受けるのではないかと。妄想が広がります。いずれは水辺のアートスポット上陸クルーズ企画実現させたいです。 そんな調子で2時間ちょっとで無事寄港。皆さんどんな印象を受けられたのでしょうか?アンケートが楽しみです。参加の皆様ありがとうございました。まだの方は、コース①もぜひ!まったく違った性格の水路空間が待ってますよ。 本当はこの後水上ラウンジLOBでビールでも飲みながらコミュニケーションできると最高なんですが。係留への道のりはまだまだ険しいです。当日の写真をUPしましたご覧ください。



[ comment ]

mail (will not be published)

web