YCC#5 「中秋の名月 京浜運河工場クルーズ×GRL」

IMG_3636IMG_3380IMG_3679IMG_3226IMG_3319
10月3日(土)18:30出航〜21:30着艇の3時間にもわたるクルーズとなった。
天気は曇りのち晴れ。途中から満月が顔を出し始め、構想どおりムーンライトクルーズを満喫できた。2日前の天気予報では70%の雨天であったため、ほぼ開催を諦めていたのだが、晴れましたねー。
今回は月見、工場、GRL実験と欲張り過ぎたため、時間超過の3時間になってしまった。幸い今日の参加者はリピーターがほとんどであり、クレームもなく長時間にわたりお付き合いいただけたが、実験的要素の強いイベントとはいえ、ちょっと間延びしすぎた感は否めない。今回は嗜好を変え、解説もあえて取りやめ、月や工場を淡々と見てもらうことにした。GRL(グラフィティー・リサーチ・ラボ)の水上パフォーマンスは今回初めての経験であり、テスト的要素が強く、時間配分が読めなかった。本番はメリハリつけてやりますよ。しかしながらレーザーとはいえ、ゲリラ的に工場や倉庫にドローイングしていく行為は、単純にドキドキする行為で、個人的にはテンション上がりっぱなしでした。
運河の注目したい空間コンテンツにゲリラ的に行為を仕掛けることで、場を共有した個々人に思いがけない感情が湧きあがる可能性を秘めている。このドキドキ感、日ごろルールに拘束されている社会人にこそ体験していただきたい。都市はこんなに自由だったんだと感じられると思う。
そんな訳で今回は結果的にラボ的要素の強いクルーズとなってしまったが、参加者の本音が心配だ。作品になる前のプロセスが好きな方にとっては大変興味深い機会だったかと思うが・・・急に冷え込んだ運河で3Hは長過ぎた。本番までによく検討しなくては。参加の皆様お疲れ様でした。



[ comment ]

mail (will not be published)

web