横浜トリエンナーレ2005からスタートした「Life on Board II-13号計画」、ついに第二期の活動がはじまります。2007年2月23日から約一ヶ月、東京・京浜運河にて公開します。

今回は、新しい形の「防災船」へと転用する構想です。艀13号を、水上に浮かぶ小規模自律分散型エネルギーシステムとして設計・改装し直し、陸上の巨大なライフラインと交通システムが一時的な機能停止に陥った際、短期的に電力や食料などのファーストエイドを行うとともに、帰宅困難者の水上輸送や情報拠点となる水辺のエマージェンシー・プラットフォームとなっています。(2007/01/23)

詳細は、Floating Emergency Platformで。




「Life on Board II-13号計画」とは?
BOAT PEOPLE Associationによる「横浜トリエンナーレ2005」出品作品。会場となる山下埠頭に艀(はしけ)を浮かべ、ミニマムな人の集うスペースに改装。約3ヶ月の期間中、国際美術展ならではの予期せぬ幸せな出来事の起きるきっかけとなるような水上空間をデザインします。作品でもあり会場の延長でもあるが、しかし建築でもなく完全な船でもない、曖昧に揺れ動く場所。
またこの艀は、閉会後も次なる停泊地を求めて東京湾内を漂っていきます。そこで起きていく様々な物語の全体が、この「Life on Board II - 13号計画」です。

→ Project Top
→ Photo Gallery
→ Event Program
■横浜トリエンナーレ2005(YOKOHAMA 2005: International Triennale of Contemporary Art)開催概要

会期:2005年(平成17年)9月28日 水曜日~12月18日 日曜日
開場時間:午前10時~午後6時 (金曜日は午後9時まで。入場は閉場の1時間前まで)
会場 :横浜市山下ふ頭3号、4号上屋(山下公園先)ほか
総合ディレクター :川俣 正(美術家)
キュレーター :天野 太郎/芹沢 高志/山野 真悟
主催:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)/横浜市/NHK/朝日新聞社/横浜トリエンナーレ組織委員会
後援:外務省/文化庁/神奈川新聞社
協力:財団法人横浜市芸術文化振興財団
公式WEBサイト:http://www.yokohama2005.jp/
■横浜トリエンナーレ2005のためのコンセプト

 Life on Board・-13号計画は、退役後の艀(はしけ)を人の集う空間に転用し、山下埠頭を起点に今後数年にわたって東京湾内の各地を漂流していこうとするプロジェクトである。

 かつては水上輸送の要であった艀は、コンテナ船が主流となった現在、岸壁につながれるままに放置されたものも多く、沈船や不法係留が問題になる場合さえある。我々の豊かで快適な生活環境を陰で支えてきた艀は、急速な経済成長の基盤を担い、ある場合はその軋みを吸収してきた、まさに近代化の遺産であるといえる。本プロジェクトで使用する艀は、尾竹型と呼ばれるもので、積載量90t、全長21m、船倉面積70平方メートル。東京・潮見で約30年間ゴミ運搬用として使われ、現在は廃棄処分を待っている。

 我々は、これをまず横浜トリエンナーレ会場となる山下埠頭に係留し、ミニマムな居住スペース兼水上のラウンジとして改修する。それは作品であると同時に会場の一部としても機能し、イベント会場、休憩所、簡易宿泊所、ミーティングプレイスなどとして利用される。また3ヶ月間の会期中、横浜港内への航海や別ポイントでの短期間の係留の可能性を探り、交渉が成立すればこれを実施する。

 水際に張り巡らされたフェンスが象徴するように、日本の都市部では、水面は公共空間として認識されていないばかりか、垂直的に管理され利用を制限された空間と考えられている。このプロジェクトは、単に艀を改装するだけでなく、各地での係留交渉とそれを受け入れる土地の人々のリアクションの間で、公共性に対する常識や日常では覆い隠されている様々な制度、歴史、感情を浮き彫りにする。そして同時に停泊先の人々が潜在的に持つ微かな願望の文脈に沿って、水上のコモンハウス、カフェ、ホテル、会議室などとして様々に使われていく。

 この艀は、陸上のあらゆる空間に比して不完全で不安定な空間である。人の集うことのできる空間ではあるが、建築ではなく、また完全な船でもない。海のうねりで絶えず揺らぎ、地球をとりまく天体の重力がそのグランドレベル=潮位を上下させる。安定した陸上の生活から移動してくる人々は、水上で起きるコミュニケーションに僅かなずれと、そこから眺め直す都市生活に別のアングルを発見することになるだろう。この艀は、陸地に寄生しつつ都市生活にこれまでにない別のバランスをもたらす、ひとつの触媒、物語、予測できないサーベイである。
■Special Thanks

帝蚕運輸株式会社
横浜はしけ運送事業協同組合
株式会社梅屋幸
神奈川建築職人会西支部 有限会社 丸安
株式会社ジール
Bank ART Studio NYK
熊倉敬聡
清瀬一浩
特定非営利活動法人地域交流センター
at-table 一級建築士事務所