バージビレッジ構想

bargevillegeバージ船の低稼働率を打開するために、有効活用案として打ち出された。
バージ船にそれぞれさまざまな機能をあたえ、それを集約して係留することにより小さな街のようなものをつくることを構想した。ヨーロッパなどでは船が住宅の代わりとなったり、劇場や博物館になる例は少なくないが、それらが集約している例は少ない。2009 年にロンドンでオープンした、クリス・ウェインライト氏によるエルミタージ・モーリングス(HERMITAGE MOORINGS)は教育をテーマにしたバージ船の集合とその係留施設の開発案件でバージビレッジ構想に非常に近い。