不定期航路許可

定期航路以外の民間による商用利用で、年3 日以上の航行をする場合必要となる。
使用船舶の夜間係留場所の基準クリアがハードルとなる。