水門・閘門

東京の水辺に多く見られるインフラ。江戸が埋め立てにより形成された都市であるため、東側は本来ほとんどが水面スレスレの低地である。現在は巨大な堤防と水門により制御されているため、住民はそのような事実に鈍感になっている。江東区にはいくつかの閘門があり、荒川と隅田川の水位の差と、0メートル地帯の水位の差を解消している。