河岸

江戸時代、主に商業利用に使われた荷揚げ用船着場、兼、市場。河岸を中心に町が形成された。明治大正時代に河岸の整理統合により築地市場や旧神田市場などが整備された。整理されなかった酒問屋の河岸は現在の新川周辺にあったが、現在でも上方の酒造メーカーや醸造メーカーの東京支店が多い。
新川神社は、酒問屋の神様。